30-50代男性のためのパーソナルスタイリスト

  • エレカジ(エレガントカジュアル)facebook
  • エレカジ(エレガントカジュアル)twitter
  • エレカジ(エレガントカジュアル)instagram
  • エレカジ(エレガントカジュアル)rss
【リサーチ速報】えっ!洗っても色あせない?極秘入手の耐久ポロシャツメニュー

【リサーチ速報】えっ!洗っても色あせない?極秘入手の耐久ポロシャツ

最終更新日:2022.06.08

オン・オフ着まわせて、何回洗濯しても、色あせないポロシャツがあったとしたら・・・。

そんな魔法のようなポロシャツを開発したのは、神奈川県でユニフォームを扱う株式会社ダイイチ。ガシガシ洗っても色落ちしないというユニフォーム業界で培った技術を、デイリーユースのポロシャツに仕上げたということ。

 

この紺ポロ、クラウドファンディングMakuakeにて期間限定の先行販売でのみ入手できるもの。そのサンプル品(写真右のミックスネイビー色)をエレカジ森井が極秘入手しました。というのもダイイチさんの社内報にて、ファッション記事の連載をしている関係性があるからです。

そんな森井が、今回は忖度なしで中立的立場から、このポロシャツの実力を「エレカジ目線」で検証してみます。

襟の角度がバッチリ決まる!紺ポロ

休日のみならずビジネスでも活用できるポロシャツは「襟」で決まります。とは言っても「ただボタンが付いているだけ」ではあまり意味がなく、第一ボタンを開けた状態の「立体感」がとても大切なのです。実は、この耐久ポロシャツを着たとき、ビビッときたポイントがまさに襟の立体感でした。

襟の角度を見るコツは、「ジャケットを合わせてみる」こと。羽織った状態で、ポロシャツの首元がドレス感あるジャケットに合わせたとき、「負けちゃわないか?」確認するのです。このポロシャツの場合、「立ち具合い」と「立体感」が秀逸でした。

 

タックイン論争に終止符!ポロの着こなし

襟があるからこそ1枚でもOKと言われるポロシャツ。そして、その着こなしについては常に物議を醸しております。「タックインする、もしくは、しない」論争です。とは言っても、大半の男性が裾を出して着ることでしょう。

このとき、ポロシャツの丈感次第では、だらしない印象に陥ります。だからこそ「丈感」にこだわりたいところ。目安としてはベルトがちょうど4~5センチ隠れる程度を目安にしましょう。このポロシャツ、丈にこだわっていました。(身長172cm・体重66㎏でLサイズ着用。実際のところ、Mサイズでもジャストサイズに見えるはず)

一方、ビジネスシーンでタックインするならば、「遊びをもたせる」というポロシャツ着こなしテクニックがおすすめです。

左はベルトに裾を引っかけ、遊びを持たせています。一方、右はベルトが完全に見えるようタックインしています。右のような着こなしでは、一歩間違えれば「ゴルファーに陥る」かもしれません。まさにその状態を避けるため、タックインする場合、遊びをもたせましょう。

汎用性ある紺ポロのコーデ

もしあなたがポロシャツを購入するとしたら、迷わずネイビー系をおすすめします。というのもグレースラックスやジャケットとも相性良いですし、プライベートではブルー系デニムや白パンとも相性よいからです。なかでも私が着用しているミックスネイビーは明るい紺色なので紺チノとも相性抜群ですが、やっぱり白パンにローファーもしくは、ブルーデニムが簡単コーデだと判断しました。

【まとめ】オン・オフ兼用でどちらも使える紺ポロシャツならば、洗っても色あせないという機能がついたポロシャツが秀逸。アイテム数を絞り厳選したいミニマリストの方におすすめです。

 

■期間限定!色あせないポロシャツ詳細はコチラ

https://www.makuake.com/project/daiichi/

衣替えの季節・ご予約はお早めに!

お客さま一人ひとりのコーディネートの質を確保するために、
エレカジでは1カ月にお受けする同行数を限定しています。(料金の詳細

買い物同行・オンライン買い物サポート
予約・ご相談

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

エレカジのスタイリングの考え方と、
買い物同行の具体的なメリットがわかります!

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

この記事をシェア

ページの先頭へ