『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』 出版記念インタビュー(2)

『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』の出版記念、全3回の著者インタビューの第2回です。

お知らせ

『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』の出版記念、全3回の著者インタビューの第2回です。今回のテーマは「30代〜50代の男性こそ服選びを学ぼう」です。

働き盛りの男こそ服装を磨け!

編集部:今回の本は、どんな方を対象に書かれたんですか?

森井:主に、30代から50代の男性オフィスワーカーですね。こういう方が服を意識するのって、部署異動とか、昇進したタイミングとかが多いんです。環境が変わるタイミングで服も買い換えるパターンですね。

いままで自分の見た目は「普通」だと思っていて、お店に行っても店員さんに勧められるままに買っていたり、なんとなくの感覚で選んでますという方がほとんどなんですが、その時にこの本に書いている「着合わせ」の原則を知った上で行くときっといい結果が出るはずです。

もちろん、新入社員とか若手の方にも読んでいただきたいんですが、ぜひ30〜50代の、ファッション知識から取り残されたまま大人になった方におすすめしたい。この本の知識と照らし合わせながら見ると、同じお店に行っても商品の見え方が変わってきます。

森井インタビュー02

編集部:そういう方には、エレカジとしてパーソナルスタイリングも提供しているわけですよね。あらためてパーソナルスタイリストがどんな仕事なのか教えていただけますか?

森井:一言で言うと、マンツーマンで、クライアント(依頼者)と買い物に行き、店頭で試着を繰り返しながらトータルコーディネートしてあげるお仕事ですね。

ショップ店員さんと何が違うかというと、店員さんが「かっこいい服を売る」「流行の服を売る」のに対して、パーソナルスタイリストは「服に関するクライアントの課題を見いだし、その人にふさわしい解決方法を装いをプロデュース・指南する」ということですね。だから必ずしも服は買わなくてもいいわけです。私は最近は「服のコンサルタント」と自己紹介してます。

11年くらいでのべ4,000人以上の方の服を選ばせていただきました。お客さまは30代から50代のビジネスマンが中心です。婚活や転職のために見た目を変えたいという方もいますし、自分で選べる方でも、時短目的で依頼されることが多いです。普段からお店を回ってリサーチしてるので、どのお店にどんなアイテムがあるか熟知してますから。

編集部:効率的に成果を上げたいならエレカジを利用すればいいし、自ら学ぼうという方は本を読めばいいと。

森井:そうですね。あとは、この世代の旦那さんがいる奥さまとか、パートナーの方に読んでいただきたいです。

編集部:男性と一緒に服を買いに行ってもらうということですか?

森井:私の周囲では「自分のダンナに読ませたい」「自分の夫をどうにかしてくれ」という声がすでに聞こえてきてますね。エレカジとは別に運営している「服のコンサルタント協会」の講座の受講生にも意外と女性率が高くて、「男性服をなんとかしたいと考えている女性」は多いです。

彼女たちが共通して言うのは、パートナーの服装が残念だと「自分の評判も下がる気がする」ってことなんですね。自分のパートナーには、いくつになってもちゃんとして欲しい。

でも、前回の女性編集者の話でも言いましたが、別にファッションモデルになってほしいわけではなく「だらしない状態はやめて」ってだけなんです。

着合わせ

まずマイナスをなくす

森井:「オレそんなにひどくないだろ」って男性は思いがちなんですけど、そういう人って、たとえば5つのチェックポイントがあったとして「3つ合格、2つ不合格」だったら「3マイナス2だからプラス1点」って考えてるんですね。

でも服装の世界って、マイナスが1ヶ所でもあるとそこに目が行ってしまうので、上の場合は「2つ不合格がある人」と評価されてしまうんです。

編集部:厳しいですね。

森井:ですが、マイナスをなくすのは簡単なんです。プラスを作っていくには、センスとかアイデアが必要なんですが、マイナスをなくすのはホントに基本的な知識だけなので。

なので、センスとかとりあえず気にせず、この本が提案している着合わせ方を学んでいただいて、ユニクロとかツープライススーツのお店に行きましょう。お金をかけずに、着合わせだけで、充分戦える服装になりますから。

(第3回に続きます。)


エレカジ森井の新刊!

『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』

毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方

4,000例を超える一般男性のスタイリング事例から生み出された「自分自身の印象を最適化する」ための、服の選び方と着こなし方の教科書。ユニクロとツープライススーツを使い、高級レストランでの会食や、重要な会議でも充分に戦える服装が予算3万円台で作れるようになります。→Amazonで購入

森井インタビュー02
いいね!して
エレカジ(エレガントカジュアル)の
最新情報をチェック!
 
ページの先頭へ