30-50代男性のためのパーソナルスタイリスト

  • エレカジ(エレガントカジュアル)facebook
  • エレカジ(エレガントカジュアル)twitter
  • エレカジ(エレガントカジュアル)instagram
  • エレカジ(エレガントカジュアル)rss
タイツを穿いても、むくんだ印象にならないパンツの選び方メニュー

タイツを穿いても、むくんだ印象にならないパンツの選び方

最終更新日:2022.05.16

真冬の下半身の冷え対策として役に立つのが、ヒートテックなどのタイツですね。寒い地域では必須でしょうし、体質や年齢によって、男性でも冷え対策は重要です。

ただですね、デニムやチノパンをジャストフィットで着ている人の場合、タイツを合わせると、どうしてもその影響が表面に見えやすくなって、印象としては「むくんだ脚」になってしまいます。モコモコ感と言いますか、防寒すればするほど野暮ったい感じになるんですね。

むくんだ印象にならないパンツ

そこで活用したいのがスラックス。センターに折り目が入っているため、ピタッとせずにゆとりのあるフィットになって、下に穿いたタイツが目立ちません。細かいことをいうと、「梳毛(そもう:スーツによく使われるつるっとした仕上がりの生地)」ではなく「紡毛(ぼうもう)」という、毛羽立ちの多いザラッとした生地を使ったスラックスに、セーターを合わせることで、固すぎない、デート服にいい感じのエレガントなカジュアルになります。

さらに、セーターの下に白無地のTシャツをチラ見せすることで、明るさとメリハリを加えているのもポイントです。

毎月25件限定!予約はお早めに

お客さま一人ひとりのコーディネートの質を確保するために、
エレカジでは1カ月にお受けする同行数を限定しています。

買い物同行・オンライン買い物サポート
予約・ご相談

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

エレカジのスタイリングの考え方と、
買い物同行の具体的なメリットがわかります!

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

この記事をシェア

ページの先頭へ