30-50代男性のためのパーソナルスタイリスト

  • エレカジ(エレガントカジュアル)facebook
  • エレカジ(エレガントカジュアル)twitter
  • エレカジ(エレガントカジュアル)instagram
  • エレカジ(エレガントカジュアル)rss
BBQに迷彩服メニュー

BBQに迷彩服

最終更新日:2022.06.13

バーベキューにいい季節ですね。共同作業から会話が生まれたりして、異性との出会いも期待してしまいますが、さて、何を着ていくのが正解?

服のコンサルタント森井良行と、エレカジ認定スタイリストの河野恵が、女子目線で男性のどんな姿が「痛い」のか、そして「痛い」と言われないための着こなしについて語ります。


今回のテーマ:本気すぎるアウトドア

どこの部隊の方ですか?

7月上旬、友人たちとのバーベキューパーティーに現れた30代半ばの土建業の男性です。

川沿いでのバーベキューパーティーだったので、みんなアウトドアぽい動きやすい服装で来たのですが、その彼は、アウトドアというよりもサバイバルなファッションで、なんと全身迷彩服で来ました。

迷彩もファッショナブルなものではなくて、自衛隊が身につけているような本格的なものでした。ジョークで着ていると思ったら、本気だったので引きました・・・。

(Y.Tさん 女性 38歳)

BBQに迷彩服

illustration by みやもとゆうこ

どこが「痛い」のか

森井:全身迷彩服はさすがに見たことないですけど、いますよね、ホントにアウトドアが好きで、本気の装備で来る方。着火剤なくても火が起こせそうな(笑)。

河野バーベキューに誘われた女性って、自然の中で食事を楽しみたいとか、たいてい立食形式なので、調理とかしながらわいわいコミュニケーションしたい、みたいな気分で行くんですよ。そこでサバイバルグッズ見せられてもねえ、と思います。

編集それにしても迷彩服はすごいですよね。軍の払い下げ品持ってたとか、サバイバルゲーム用に買ったものがあって、他に着るものがないから着て行っちゃった、みたいな想像をするんですが。

河野むしろ土建系なら仕事着のほうがまだマシ・・・。

森井土建系の方は男性社会なんで、男の価値観で動いちゃうんですよね。「ジョークじゃなくて本気」というのもありうる話で、「だって川沿いで焚き火したりするんでしょ?機能性最強だよ」って考えてる。服イコール実用性・スペックで選んでるんです。

逆に、こういう方がスーツとかジャケパン着られるようになるとすごく変わります。体型ががっちりして男らしいから似合うことが多いですし、普段の職業とのギャップで魅力が増して、彼女ができたりするんですけどね。

エレカジ流の解決策

編集:BBQでの男性ファッションの正解ってどのあたりなんでしょう?

森井率先して仕事を引き受けるために、動きやすさは重視しましょう。ジャケットよりはブルゾンですね。暑い時期ならサマージャケットではなくシャツを羽織る感じで。真夏の昼間なら上品系Tシャツもアリです。

あと、色使いは明るめを心がけましょう。自然の色合いのなかに入ることを考えて、真っ白、真っ黒は避けたほうがいいです。自然にない色なので違和感が出やすいのと、汚れが目立ちやすいので。

2022年アップデート

迷彩

これは冬物の例ですが、迷彩のなかでも白黒のカモフラ柄です。軍用のいかにもな迷彩ではなく、これってもしかして迷彩?くらいのものですね。

この記事のポイントは、BBQくらいのアウトドア活動でのファッション性と機能性のバランス。

デニムっぽいブルゾン

機能性を重視したい方であれば、ワークマンのブルゾンなどいかがでしょう。作業着になることが前提なんですが、デニムの生地感で作ることで、作業着特有の野暮ったさが出にくいのがよいです。

ワイン色のカーディガン

ファッション性重視ならこんなゆるっとしたカーディガンとか。いわゆるアースカラーなどの溶け込む系よりも鮮やか目の色の服のほうがおすすめです。この色だったら自然になじみますので。

エレカジの買い物同行では、本格アウトドアブランドでも、ワークマンでも、あなたの目的と予算感に応じてスタイリングを提案します。BBQファッションの相談もお気軽にどうぞ。(買い物同行ってなに?というかたは「はじめての方へ」をご覧ください)

衣替えの季節・ご予約はお早めに!

お客さま一人ひとりのコーディネートの質を確保するために、
エレカジでは1カ月にお受けする同行数を限定しています。(料金の詳細

買い物同行・オンライン買い物サポート
予約・ご相談

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

エレカジのスタイリングの考え方と、
買い物同行の具体的なメリットがわかります!

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

この記事をシェア

ページの先頭へ