30-50代男性のためのパーソナルスタイリスト

  • エレカジ(エレガントカジュアル)facebook
  • エレカジ(エレガントカジュアル)twitter
  • エレカジ(エレガントカジュアル)instagram
  • エレカジ(エレガントカジュアル)rss
30代のカジュアルファッションを考えるメニュー

30代のカジュアルファッションを考える

最終更新日:2015.09.08

よく「男は30代から」といますよね。20代で積んだキャリア等、人生経験がにじみ出てくる時期なのでしょう。

しかしながら、ほとんどの男性が、この大切な時期を迎えるにあたり、ある問題を抱えています。そう、「服の選び方」です。

30代男性が避けるべきNGカジュアルファッション

「形式にこだわらない気軽な服装」がカジュアルですが、指針がないからこそ、学生時代から慣れ親しんだアイテムを選びがちです。しかし、さすがに30代に入ったら、学生感覚での服選びはやめましょう。

例えばTシャツ。10代20代ならそれほど違和感なく着られるプリントTシャツも、30代では状況が異なります。

30代カジュアル01

特定の音楽のファンでないとわかりにくいデザインです。

30代カジュアル02

20代でもかなり着る人を選ぶプリントですよね。

30代男性に着て欲しいアイテム

30代のファッションは、20代の若々しさに加えて、より大人っぽく見えることが求められます。

30代カジュアル03

最近よく見かける、このようなシャツ襟の仕上げを「バンドカラー」もしくは「ノーカラー」と言います。ちゃんとしつつも、ビジネスシャツと明らかに異なる雰囲気が、シャツ・ジャケットスタイルを上品なカジュアルにしてくれます。

30代カジュアル04

たとえばこんな靴はいかがでしょう。デザインはシンプルながらも、柔らかくなめした革の質感が、大人の雰囲気を底上げしてくれます。普通の革靴とも、化繊のスニーカーとも違います。

このように、シャツ・革靴など固めのアイテムの中で、いかにこなれ感のあるものを見つけるかが、30代男性のアイテム選び着眼点ではないでしょうか。

アイテム選びの着眼点

デザインがシンプル

上記の2つのアイテムは、意図的にシンプルなものを紹介しました。柄物やカラフルな物がいけないわけではありませんが、難易度が高いので初心者の方にはおすすめしません。

自分に合ったサイズ

大きすぎず小さすぎず、自分の体型に合っているものを選ぶことがとても重要です。サイズ感が綺麗だと、見た目も綺麗目に演出することが出来ます。男性は動きやすさ・着心地をついつい重視しがちですが、着たときに、ちょっとキツイと感じるくらいが見た目的にはちょうどよいものです。

30代カジュアル初心者スタイルの例

30代カジュアル05

グレージュ(ベージュとグレーの中間色)のカーディガン、無地の白Tシャツ、インディゴブルーのデニム、白のレザースニーカーという組み合わせです。

「シンプルなデザイン」「サイズ」に加えて、全身の印象を明るくするよう心掛けました。 ダークカラーは、デニムの紺色のみ! 足元も白いスニーカーを合わせることで、メリハリをつけます。30代だからといって、必ずしもジャケットを着る必要はありません。

エレカジサイトでは、豊富なコーディネート事例が各年代別に揃っているので、ぜひ事例ページをチェックしてみてください。

【この記事は、エレカジのパーソナルスタイリスト養成講座卒業生の山崎剛が書きました!】

8/31まで!初回限定29,800円キャンペーン

お客さま一人ひとりのコーディネートの質を確保するために、
エレカジでは1カ月にお受けする同行数を限定しています。(料金の詳細

買い物同行・オンライン買い物サポート
予約・ご相談

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

エレカジのスタイリングの考え方と、
買い物同行の具体的なメリットがわかります!

5回限定メルマガ
『エレカジの法則』

この記事をシェア

ページの先頭へ