「なりたい自分」を服として着ると、その通りに行動できる気がしますね。

玄永 俊一郎 さん(29)・会社員

お客様インタビュー

玄永さん近影01

エレカジの買い物同行サービスを利用しようと思ったきっかけは?

そうですね、5年くらい前、ちょっとずつ街コンが流行り始めた頃ですね。
だから、目的は正直「モテる服」です(笑)

その当時は彼女がいない時期で、街コンとかに参加してもなかなか思った成果が出なかったんですね。そんなときに「モテ講座」的な場所で紹介されたのがエレカジの森井さんです。

エレカジのことを聞くまで、個人向けのスタイリングなんてサービスがあること自体知らなかったです。服を買うのも、その辺の量販店か、ネットで、というくらい。

ちょっと興味というか、好奇心で、一度スタイリング(買い物同行サービス)を受けてみようかなって思ったんです。

実際の買い物同行サービスはいかがでしたか?

いきなり買い物に行くのではなく、事前にいろいろ打ち合わせしてくれましたね。で、その内容がすごくパーソナルだったのが印象に残ってます。服とは関係ないところまで聞くんだなあ、と正直思いましたが、森井さんからいい人オーラが溢れていたので(笑)、スラスラと話していました。

冬物を買いに、マルイとかに行きました。渋谷って、学生時代からよく来ていた街なんですが、入ったことのないお店ばっかりでした。でも、ふらっと入ったお店で森井さんがピックアップした服を試着すると、なぜかぴったり合うんですよ。これは驚きましたね。

打ち合わせの時だって、別に採寸とかするわけじゃないですし、自分のサイズを事細かく伝えてるわけでもないんです。それなのに、ぴったりなんです。「すごいですね」って言ったら、森井さんは「まあ、何百人も見てますからね」と。プロってすごいなあ、と心から思いました。

玄永さまとエレカジ森井

お店で服をひとつ買うたびに、その服の着こなしを教えてもらえるんですね。袖のまくり方とか、いいシワの出し方とか、他の服との合わせ方とか。で、次のお店に移動する間に「なぜそうするべきなのか」を理論的に解説してくれるんです。

こういう理論的なところが僕は好きなんです。たとえば単純にユニクロがいいとか悪いとかいう事ではなくて、ある服の色とか形を公平に見て、自分に似合う服の範疇に入っているかどうかをちゃんと理論で考えて、判断して、買えばいい、ということだと理解してます。それがたまたまユニクロなら、ユニクロを買えばいいんですよね。

その日はたしか、6-7万円で、コートとか含め冬物一式が揃いました。

エレカジのサービスを受けたあと、ご自身や周囲にどんな変化がありましたか?

実はそんなに着なかったんですよね。その時選んでもらった服は。

その時は 「この服をいま自分が着ても似合わないんじゃないか」みたいな感覚があったんですね。なので、その後しばらく買い物同行はお願いしなかったんです。

ただ、そのときにオススメしてもらったMARC JACOBSのバッグを買ったら、これはものすごく反応が良かったですね。大学の友達とか、社会人の友達とか、男女も関係なく「それいいね」って食いつかれました。

逆に、最近になってエレカジのサービスをリピートしようと思われたきっかけは何ですか?

今年になって、転職する決心をしたんですね。それをきっかけに、あらためて森井さんに同行をお願いしました。サービス自体は満足してましたから。

久しぶりに会ったのに、森井さんは前回のことを覚えてくれていました。そこで買い物前の打ち合わせの時に、自分の状況とか、転職しようと思っている、というところを伝えました。すると森井さんは「じゃあ、今回は起業家の雰囲気を出しましょう」と、「なりたい自分」を提案してくれたんです。

この「なりたい自分」 というのが重要で、1回目の時は気づけなかったんですが、パーソナルな状況をもとに、「いまの自分」ではなく「あるべき自分」を設定して、それにあわせてコーディネートしてもらってるんだなと。

こういう設定をもとにこの服を着ている、ということに納得感があるので、気持ちがその「なりたい自分」 っぽくなるんです。実際に起業はしないけど、自分の気持ちが乗るので、すごい頻度で着てます。

「なりたい自分」を服として着ていると、その通りに行動できる気がしますね。 1回目の同行では、「なりたい自分」よりも「モテるかどうか」にフォーカスしすぎて、自分に納得感がなかったのかな、と今になって思いますね 。

玄永さま近影03

エレカジの買い物同行サービスの特長ってどんなところだと思います?

森井さんの服選びは、自分の表現したい考えを、服という形で体現させてくれる 感じがします。そこが大きい。だからリピートするんだと思います。

世の中で流行っているとか、そういう表面的なものではないんですね。ある意味カウンセラーみたいなイメージを持っています。

あとは、服装に関して意思決定の時間が大幅に減りますね。似合っている服を買う、ということにかける時間が、エレカジのサービスを使うと劇的に減ります。これは大きなメリットです。

自分だけでお店を回って試着して買う、ということもやりますけど、時間がかかるし、正直似合ってるかどうかって、自分だけではわからないんですよ。

これからのエレカジに期待するものは?

同行の時、ファッションの話をしながらビジネス関連の話もできるとうれしいですね。

森井さんも株式会社の経営者になったので、 ほかのお客さんもビジネスマンが多いでしょうから、いろんな業界の話を、同じビジネスマンとして話しながらの買い物同行とか、いいですね。


げんえい・しゅんいちろう
Facebook: https://www.facebook.com/shunichiro.genei/


玄永さま近影03
いいね!して
エレカジ(エレガントカジュアル)の
最新情報をチェック!
 
ページの先頭へ