日本人には難しい?グレージャケットの着こなし方

ビジネス・カジュアル問わず、黒・ネイビーと並んで、ジャケットの定番とされるグレーのジャケット。

ビジネス・カジュアル問わず、黒・ネイビーと並んで、ジャケットの定番とされるグレーのジャケット。みなさんも1着はグレーのジャケットやスーツをお持ちなのではないでしょうか。

しかし、グレーという色は、黒やネイビーと比べて、実はもっとも着こなしの難易度が高いのをご存じでしたか?

この記事では、グレーのジャケットに関して、ありがちな失敗と、エレカジ流の上手な着こなしのコツをお伝えします。

グレーは一色ではない

まず、お伝えすべきことは「グレー」は、1色ではなく、色に幅があるということです。「黒」は黒、「白」は白ですが、その間にあるグレーには無限の色があります。

代表的なものとして、チャコールグレー

チャコールグレー

ミディアムグレー

ミディアムグレー

ライトグレー

ライトグレー

などがあります。これに加えて、ライトグレーより明るい白みがかったグレーを、アイスグレーと呼んだりします。

アイスグレー

ライトグレーのジャケット

上のコーディネート事例のように、極端な明るさをもつアイスグレーや、石炭のように暗いチャコールグレーの合わせ方は、比較的簡単です。というのも、圧倒的に明るい、もしくは暗い色は、肌色や、他の服の色とコントラストがつくりやすいからです。

いっぽう、ライトグレーやミディアムグレーあたりのグレージャケットを買う場合には注意が必要です。

日本人の顔をボケさせてしまう、中間色グレー

ライトグレーやミディアムグレーは、まさに中間色という感じの、明るすぎず、暗すぎない色ですが、これが、一般的な日本人の肌色のトーンに近いので、顔色とのコントラストが弱まり、その人の印象をボケさせやすいのです。

つまり、日焼けしている色黒の男性、もしくは、透き通るように白く、髪色も明るい白人の男性が着る場合であれば、中間色のグレージャケットは顔色とのコントラストが強まるので、しっかりとした印象を残すことが可能です。

中間色どうしの組み合わせ

写真のスタイルは、上半身に中間色グレー、下半身に同じく中間色のベージュという組み合わせです。いかがでしょう?サイズの問題もありますが、なんとなくのっぺりして、膨張させてしまっている感じがしませんか?

色の明るさ(明度)と鮮やかさ(彩度)のことを「トーン」と言いますが、このトーンが近いグレーとベージュを合わせるカラーコーディネートを「ワントーン」と呼びます。こういう色合わせが主流だった時代もありますが、定番の色合わせも時代と共に変化します。

グレーとベージュをワントーンで合わせることは、一見、セオリーとも考えられますが、顔色とも同調しすぎて、実は難しいのです。結果として、無難・地味な印象になりやすいんです。

難易度高めのグレージャケットをうまく着こなす方法(色の工夫)

では、中間色のグレージャケットを着る場合、どういう点に気を付けるべきなのでしょうか?

青の挿し色とグレーのジャケット

上のコーディネート事例では、中間色であるグレーにコントラストを与えるため、インナーにとても鮮やかなブルーのVネックTシャツを合わせました。

単品では派手すぎる、鮮やかなブルーですが、グレージャケットと組み合わせることでうまくまとまります。

また、下記画像のように、秋冬のグレージャケットを合わせる場合、同じくインナーに鮮やかな色のニットを入れることで引き立ちます。

赤の挿し色とグレーのジャケット

グレージャケットをうまく着こなす方法(面積と質感の工夫)

鮮やかな色を使わない場合でも、中間色のグレージャケットをうまく合わせる方法はあります。

1.グレーの面積を15%カットしてみる!

たくし上げとツヤ感

2000年代に入って、ストレッチ素材を使ったジャケットが登場しました。布に伸縮性があるため、簡単に袖をたくし上げることができます。

鮮やかな挿し色を使わずに着こなす場合、たくし上げで中間色であるグレーの面積を減らしてみましょう。

2.素材にこだわる

そして、もう1点お気づきでしょうか?このジャケットにはツヤ、光沢感があるんです。

印象がボケやすい中間色であるグレージャケットを選ぶ際、細い糸や、化学繊維混紡だったりで艶っぽさのあるものを選ぶと、その光沢がボケを克服して、メリハリをつけてくれます。

大事なのは組み合わせで考えること

このように、グレーといっても明るいグレーから中間的なグレー、暗いグレーまでさまざまです。ある意味万能な色であるグレーのジャケットを、印象をボケさせる原因にするか、それとも引き締めるために活用できるかは、肌色や他のアイテムとの組み合わせにかかっています。

このサイトでも、グレージャケットを使ったコーディネート事例は時々紹介させていただいていますので、FacebookTwitterでぜひチェックしてくださいね!

たくし上げとツヤ感
いいね!して
エレカジ(エレガントカジュアル)の
最新情報をチェック!
 
ページの先頭へ